そもそもジェネリックって何?先発薬との違いは?

薬の画像

病院で薬を処方してもらったときに「先発薬とジェネリック薬どちらにしますか」と、聞かれたことはありませんか?

医療用医薬品は、先発医薬品とジェネリック医薬品の2つに分類されます。ジェネリック薬とは、新薬の特許が切れたあとに同じ成分で製造・販売される薬です。

先発薬とジェネリック薬は、同様の効果が得られますが薬代は異なります。例えばED治療薬であるレビトラのジェネリックは、先発薬の3分の1ほどの価格で購入できるのです。

ここでは、レビトラのジェネリック医薬品について掘り下げていきます。

レビトラ・ジェネリックはどうして安いのか
どうして安価で手に入るのだろう?と、不思議に感じる人がいるかもしれません。

ジェネリックは、新薬の特許の期限切れに伴って開発されます。新薬をもとに作るので、費用や時間をかけずに製造できるのです。

新薬を開発する場合は、9~17年ほどの歳月と数億円以上の費用をかけているため薬価が高くなるというわけなんです。

オススメの商品はコレ!
レビトラ・ジェネリック薬は、病院で処方してもらうより海外通販を利用した方が安く購入できます。いくつか種類もあるので、先発薬と比較しながら人気商品を3つ紹介します。

<薬代の比較>
・先発薬20mg×4錠・・・約5,400円
・レビスマ20mg×4錠・・・約1,800円
・バリフ20mg×10錠・・・約1,900円
・ブリトラ20mg×10錠・・・約1,910円

バリフは特に人気の商品ですが、製造がストップしてしまったので残りの在庫には限りがあります。見つけたらラッキー、なくても別のレビトラ・ジェネリック薬で代用できるのでいろいろ試してみるのもアリです。

ジェネリックの有効性
レビトラ・ジェネリックは、即効性に優れており先発薬と同様の勃起力が得られるお薬。服用すると有効成分・バルデナフィルが作用し、速くて15分後には勃起のサポートしてくれます。

新薬を開発する段階で数多くの臨床実験を重ねており、薬の効果は立証済み。新薬と同じ有効成分を含んでいるため、ED治療に有効であることが分かるのです。