EDの原因を調査!改善する方法をズバリ答えます

EDの原因

EDは満足なセックスを行なうための、勃起が十分に得られない・勃起が維持できない状態が続くことをいいます。
軽度なEDや完全EDを合わせると日本では、1000万人以上の患者がいると言われています。
・心因性=精神的ストレスをうまく発散できずにEDを引き起こしてしまう。
・器質性=生活習慣病に関連してくる原因で、神経の障害や動脈硬化の進行によるもの。
・薬剤性=薬の副作用にEDになる場合がある。

通常は性的刺激を受けると、あらゆる神経を伝達して勃起の信号が送られます。
陰茎海綿体と呼ばれる細い男性器の血管に血液が流れ込み、膨張して硬くなります。
EDの場合は、伝達神経がうまく働かずに男性器の血管もつまっている状態です。

そこでED治療薬を服薬すれば、正常に勃起するコンディションを作ってくれます。
勃起不全になるとPDE5の働きが活発になり、性的刺激を受けたときに発生するNO(一酸化窒素)の機能を邪魔してしまいます。
ED治療薬はPDE5阻害薬に分類されていて、働きを抑制させてNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を増やし勃起します。

勃起不全を治療する薬はいくつか、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つです。
ハードな勃起を実現できる、バイアグラは世界中から人気が高くED治療をする上で知らない人はいません。

レビトラは即効性に優れていて、早く効果をだしたいというED男性の救いです。
服薬してから最短15分で効いた方もいましたが、確実に発揮するのは30分後。
持続時間が最長8時間と長めなので、セックスを焦る必要はありません。

シアリスは、最長36時間を効果が持続する薬という領域を超えたED治療薬です。
副作用が少なく初めて使用される方にオススメです。